Monthly Archives: 6月 2016

私では蛇口の流れでもトイレのつまりでも理解が…

「5次元ブラックホール」って知っているでしょうか。
この5次元ブラックホールの存在で相対性理論は破綻すると、
話題になっているのですが、正直私も答えに窮します。
概略すれば、5次元ブラックホールが存在すれば、
相対性理論上も破綻するであろうとされた
「裸の特異点」というものが存在することになって、
観測できないものが観測できてしまったりで、
それだと相対性理論が~、って感じなんですが、
これだと子どもじゃなくても、ぽっかーんですよね(苦笑)
5次元ブラックホールは、蛇口から流れ出る水が
水滴に分離する仕組みだと研究者が言っているのですが、
悲しいかな、私では蛇口の流れでもトイレのつまりでも
理解できなかった…。


樹木医の資格という対象からの測定。

世の物事には、当てはめようと思えばどんな物にも、
どんな事柄を当てはめることができると個人的に思っています。
先日、樹木医という職業があることを知りまして、
そもそも樹木医というの字の如く、樹木のお医者さんなのですが、
これがなかなか資格を取ることが難しく競争率は約8倍で、
業務経験が7年以上など、ハードル高いなぁ、なんですね。
でも樹木の寿命に比べてたらあっという間の時間で、
もしかしたら瑣末なことなのかな、なんて思い。
物事の対象に立って測定することで、
実はみな均一なエネルギー見たいなものを持つのかな、
なんて思いまして、一般相対論の如く思考の重さで歪んでいるのかも、
とか思いました、そんな日でした。


ダイビングスクール埼玉でダイビングの講習と仕事の時間と一般相対論。

よく相対性理論は、恋愛に例えられる事があります。
重いものの周りにいる時、時間が遅く感じ、
重いものから離れると時間が早く流れる。
これは一般相対論の話なのですが、
好きな人と話している時はあっという間の時間が、
嫌いな人といる時間は無限の時間の中にいるような感覚に
まさに似ていますよね。
私の場合、最近恋愛がないので、ダイビングスクール埼玉で
ダイビングの講習を受けている時は、
講習時間がすぐ終わってしまうと感じるのに、
仕事をしている時は同じ時間枠なのに仕事が
無限に終わらない感覚が一番短な例ですかね。(笑)